不動産用語集

 建築条件付宅地分譲とは、土地売買契約成立後、一定期間のうち(当社では3ヶ月としております)に 売主または売主が指定する者との間に建物の請負契約を締結することを条件として売買される土地を指します。
 別の言い方で申しますと、購入していただいた土地にこれから新築していただくということです。 一般的には、既に建物が新築されている土地建物を「建売(たてうり)」、建築条件付での販売のことを「売建(うりたて)」とも言います。
 それぞれメリットとデメリットがございます。建築条件付宅地(売建)の場合、建売と比較すると、間取を自由に設計できる、お客様のお好きな設備等を設置できる、 などのメリットがございます。反対に、これから新築をするので、すぐにお引越しができないというデメリットもございます。
 お時間はかかりますが、お客様の大事なマイホーム。当社の建築条件付宅地で、一緒に素敵なマイホームを建てませんか。 当社で新築をご検討のお客様は、こちらのページをご覧ください。

新築をご検討の方へ