売却をご検討の方へ|有限会社ベストホーム

ご売却をご検討の方へ

地元密着!上野原で25年!
売却・購入は、地元のお店でご相談を!

ベストホームは上野原市で25年目。新聞折込チラシによる広告、市内ファミリー向け賃貸物件への精力的なポスティング活動など、 地元上野原市に密着した営業活動を行っております。ご売却・ご購入はどちらも、地元ならではのきめ細かいお付き合いができるベストホームへお任せください。

査定・相談はすべて無料!
もちろん秘密徹底厳守!

最近の近隣の成約事例や、売出し中の物件などから、お客様のご所有の不動産の査定をいたします。もちろん査定・相談は無料です。また秘密厳守ですので、ご安心してお問い合わせください。

価格を知りたい!査定・相談=売却ではありません!

「今の相場を知りたい」「すぐには売却するわけではないけれど...」。ベストホームは、そんなお客様大歓迎です。相談したら、査定を受けたら、 必ず売却しなければならないなんてことは、一切ございません。安心してご相談ください。

新聞折込・ネット広告掲載無料!
地元以外にもしっかり営業!

ベストホームは、地元のお客様に対する月1回程度の新聞折込・ポスティング営業はもちろん。ホームページや、ヤフー不動産、アットホームなどの不動産ポータルサイトへのインターネット広告も充実。地元以外のお客様にもしっかり営業いたします。「外観写真は載せたくない」など掲載の方法もお客様の自由。 もちろん広告掲載は無料です。

ベストホームのご売却の流れ

ベストホームで売却をご依頼された場合の大まかな流れをご紹介。それぞれのお客様によって多少スケジュールなど、異なる場合もございますので、ご了承ください。

査定・相談

ご売却をご検討されたら、まずはご連絡ください。大まかなご説明なら電話でも可能です。ご要望に応じ、物件の査定に参ります。物件の査定だけではなく、売却された場合のこれからの流れ、売却に向けての注意点など、ご売却に向けてのあらゆる情報をご説明に参ります。もちろん、査定の結果ご売却に至らなくても全く問題ございません。ご相談だけでも構いません。

媒介契約の締結

ご売却を決められましたら、販売価格、販売方法を決めていただき、ベストホームに販売を依頼するため、媒介契約を締結していただきます。手付金などの費用は一切ございません。販売方法も、ご近所に知られたくないなど、お客様のご要望に沿ったものをご提案いたします。

営業開始

ベストホームでは、ホームページ、アットホームやヤフー不動産などの不動産ポータルサイトだけではなく、月に一度程度予定の新聞折込チラシ、各種ポスティング活動などで、お客様の大事な不動産をしっかり営業いたします。

買主様発見・ご契約

お客様の不動産を購入したいお客様が見つかりましたら、細かい条件などを調整して、いよいよ売買契約の締結となります。通常お客様には、実印・認印・顔写真付の身分証明書をご用意いただきます。また、買主様からの手付金を受領していただきます。

引渡の準備

通常、買主様は住宅ローンをご利用されるため、契約から決済引渡には、1ヶ月程度お時間がかかります。その間、お客様には、決済引渡のご準備をお願いいたします。

決済引渡

双方準備が整いましたら、いよいよ決済引渡です。例えば中古住宅の場合、お客様には、建物の鍵などを買主様にお渡しいただきます。買主様からは残金などのお支払を受け、ここで初めて手数料などの費用のお支払をお願いいたします。司法書士などの立会いのもと、所有権はお客様から買主様へ移転されます。

ご売却に必要な費用・お願い

売却の際にかかる大まかな費用、及びお願いを記載しております。

 ご売却に必要な費用

ローンの残債・抵当権抹消登記費用

ローンの残債などが残っており、売却する土地や建物に抵当権が設定されている場合には、そのローンの残債の完済、及び抵当権の抹消登記が必要となります。ローンの残債は、ご売却資金での返済が一般的には可能ですので、ローンが残っていてもお気軽にご相談ください。
また、ローンのお借入先の金融機関との調整などもベストホームでご協力いたします。

名義人事項変更費用

売却する土地や建物の登記簿に記載されているお客様の住所(通常は、ご取得時の住所)と、現住所が異なる場合に必要となります。

仲介手数料

弊社がご売却成立の際にいただく手数料となります。手数料の金額は売却価格により変動いたします。

 ご売却に際してのお願い

固定資産税などのお支払の継続

ご売却の土地や建物に係る固定資産税は、その年の1月1日時点の所有者に課税されます。
固定資産税以外の税金・管理費などは、引渡日までお支払をお願いいたします。

火災保険の継続

不動産売買契約上、契約から引渡しの期間、売却対象の不動産に自然災害などによる損害が発生した場合、その責任はお客様に発生いたします。そのため、火災保険に加入されているお客様には、引渡日までは火災保険契約の解除を待っていただくようお願いしております。

 ご売却に際しての注意点

税金(不動産譲渡税)対策

ご売却の対象となる土地や建物に関して、購入当時の契約書・領収証(購入価格がわかるもの)、及び今後売却された場合の契約書・領収書は2年ほど保管してください。土地・建物は、大まかに購入から売却をして利益が出た場合(売却時の価格が、購入時の価格を上回る場合)、その利益に対して課税されます。利益が出たかどうかを確認する上で、購入時の価格、及び売却時の価格を証明する契約書・領収証は非常に重要となります。ご売却されて利益が出ていない場合でも、税務申告を行う必要はございませんが、一定期間のご保管をお願いいたします。

瑕疵担保責任

個人のお客様におかれましても、基本的にお引渡後3か月間は、瑕疵担保責任のご負担がございます。
瑕疵担保責任とは、簡単に言うと「隠れた(気づかなかった)不具合・故障は責任をもちます」という意味です。但し、後に発見された不具合・故障全ての責任を持つということではなく、建物の場合、(1)雨漏り、(2)シロアリの害、(3)建築構造上の主要な部分の木部の腐食等、(4)給排水管(敷地内埋設給排水を含む)の故障、となっております。個人間売買の場合、双方の合意によって瑕疵担保責任を免責にすることも可能ですが、その場合、買主様が不利な立場となりますので、物件価値自体が下がる場合がございます。