ZEH・Nearly ZEH|有限会社ベストホーム

ZEH・Nearly ZEH

 ZEH・Nearly ZEHとは

 「ZEH(ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス、ゼッチと読みます。)」とは、外皮の断熱性能の大幅な向上と、高効率な設備・システムの導入により、室内環境の質を維持しつつ大幅な省エネを実現(省エネ基準比20%以上)、その上で、再エネを導入して、年間の一次エネルギーの収支をゼロとすることを目指した住宅です。

 また、ZEH基準には届かないまでも、年間の一次エネルギー消費量を可能な限りゼロとすることを目指した住宅を「Nearly ZEH(ニアリー・ゼッチ)」といいます。

ZEHの概要

 ベストホームはZEHビルダーです。

 ZEHビルダーとは、自社が受注する住宅のうちZEH(Nearly ZEHを含む)が占める割合を2020年までに50%以上とする目標を宣言・公表し、一般社団法人 環境共創イニシアチブ(SII)が「ZEHビルダー」として認証した事業者を指します。ZEHビルダーが設計、建築または販売を行った住宅以外はZEHの補助金を受ける事はできません。

 ベストホームは、SIIが公募している「ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス支援事業(ZEH)」において、平成28年度から現時点までZEHビルダーとして承認されております。ベストホームで新築するZEH仕様の建物にご興味がございましたら、お気軽にご連絡ください。

 ベストホームのZEHに対する取り組み。

ベストホームのZEHに対する取り組み
  1. ZEHの周知・普及に向けた具体策
  2. 自社のホームページなどに掲載します。ホームページの更新時にはZEH建物の進捗状況などを載せ周知に努めます。またオープンハウスなどを開催し、ZEHの必要性を理解していただきます。

  3. ZEHのコストダウンに向けた具体策
  4. 断熱仕様やサッシ、太陽光発電システムとのバランスを考え、エネルギー消費量削減やコストダウンに努めます。原価の見直しを行うとともに、協力業者の協力をいただき、コストダウンを図ります。

  5. その他の取り組みなど
  6. 地域イベントなどへの参加を積極的に行い、お客様に対してZEHへのご理解を深めていただけるよう努めます。また、社内でZEHに関する勉強会を行い、更なる理解を深めます。

※平成28年度実績(ZEH、Nearly ZEHの合計戸数)0戸

※平成29年度実績(ZEH、Nearly ZEHの合計戸数)0戸